個人向け宅配水

危険が多い水道水に代わり、ミネラルウォーターや浄水器をつけるのが今では当たり前の時代。それでも100%安全な水とは言えません。そこで「個人向け宅配水サービス」が近年急成長を遂げています。その理由をわかりやすく解説しています。
MENU

「個人向け宅配水サービス」の需要が伸びている背景

個人向け宅配業者

水道水はもう安全とは言えません。

 

残留塩素や発がん性のあるトリハロメタンなどの危険がある以上、安心して飲むわけにはいきませんよね。

 

今ではミネラルウォーターや家庭用浄水器を設置するのが一般的になっていますが、それで100%安全かというとそうではないのです。

 

ミネラルウォーターの基準は我が国ではきわめて曖昧で、衛生面についても安心できません。

 

以前、多くのミネラルウォーターの商品からプラスチック片やカビなどの異物が混入していたことが発覚しました。

 

また浄水器は、取り付けたこと自体に安心しきってしまってメンテナンスを怠り、雑菌が繁殖してしまうケースはかなり多いのです。

 

では、安心して飲める水はどこで入手できるのでしょうか?

 

その答えこそ、個人向けの宅配水サービスなんですね。

 

東日本大震災以降、個人向けの宅配水サービスの需要が急激に高まりをみせています。

 

需要拡大の反動で解約が増えるという予想も一部にはありましたが、実際のところ各宅配水業者の解約件数の推移は以前と変わらないということです。

 

毎月のコストがとても高くつくとお考えの方も多いようですが、実際のところ低価格でコスパが良く、何よりも「安心」を買えるため、今後の市場の拡大歩調はますます続くことでしょう。

このページの先頭へ